沿革(歩み)

大阪中央卸売市場開設時 大阪中央卸売市場開設時
大阪中央卸売市場開設時 大阪中央卸売市場開設時
創業当時の社内報より 創業当時の社内報より
大阪魚市場保管資料より 大阪魚市場保管資料より
昭和 6年 11月 大阪市中央卸売市場が開設される
19年 6月 大阪魚類統制株式会社創立
21年 6月 株式会社大魚組創業(当社の設立日)
22年 8月 株式会社大魚組を大阪魚株式会社に社名変更
10月 水産物卸売業務を開始する
(当社の創業日と定める)
23年 3月 大阪魚市場株式会社に社名変更
25年 5月 仲買制度が復活
8月 水産物卸売人として正式業務許可を取得
33年 11月 社内報「うおいち」を発刊
36年 10月 大阪証券取引所市場第二部上場
39年 11月 大阪東部水産市場株式会社が設立される
11月 大阪市中央卸売市場東部市場が開場
42年 10月 創業20周年記念祭を開催
43年 12月 コンピュータ管理システムを導入
44年 10月 従業員組合を労働組合と改称
45年 4月 社内報「うおいち」社内報で広報部会賞を受賞
48年 7月 オンライン売上システムを導入
52年 10月 創業30周年記念祭を挙行する
53年 5月 大阪府中央卸売市場が開場される
5月 大阪魚市場株式会社北部支社を設立
56年 10月 大阪東部水産市場株式会社が解散
10月 大阪魚市場株式会社東部支社を設立
11月 大阪市中央卸売市場が開設50周年を迎える
60年 11月 第1回スイスフラン建 転換社債を発行
61年 12月 第2回スイスフラン建 転換社債を発行
62年 11月 創業40周年記念式典を挙行する
63年 3月 売上高が3,000億円を突破
8月 米貨建ワラント債を発行
平成 3年 3月 大阪証券取引所市場第一部上場
11月 うおいちニッセイビル竣工
11月 大阪市中央卸売市場が開設60周年を迎える
4年 3月 ドイツマルク建ワラント債を発行
11月 本社新業務管理棟へ移転
7年 8月 北部支社事務所リニューアル
12月 本社管理棟8階にプレゼンテーションルームを開設
8年 11月 本社新市場棟の第一期工事完成
9年 11月 創業50周年記念のつどい挙行する
12月 大阪魚市場ホームページオープン
10年 5月 第1回及び第2回無担保社債を発行
13年 7月 大阪魚市場ホームページリニューアル
14年 3月 三本部制に組織再編
18年 10月 会社分割により持株会社体制へ移行
荷受事業(全事業)を新設する大阪魚市場株式会社へ承継
OUGホールディングス株式会社に社名変更
19年 4月 第1期OUG中期経営計画策定
10月 完全子会社の大阪魚市場株式会社が、和歌山魚類株式会社、
滋賀県魚市場株式会社を吸収合併し、商号を「株式会社うおいち」に変更
10月 大栄太源株式会社を完全子会社化
20年 4月 大栄太源(株)、(株)スイチョク、やまは食品(株)の3社が合併し、(株)ショクリュー発足
22年 1月 本社 うおいちニッセイビルへ移転
25年 7月 東京証券取引所市場第一部上場
29年 10月 <平成29年10月1日>
単元株式数の変更(1,000株から100株に変更)
株式併合の実施(10株を1株に併合)
発行可能株式総数:20,915,900株
発行済株式総数:5,562,292株

↑このページの先頭へ戻る