ニュースリリース


代表取締役社長  勝田 昇
OUGホールディングス株式会社

代表取締役社長勝田 昇

「新しい水産物流通サービス業」の創造に向けて
グループ経営を推進してまいります。

当社は、昭和22年10月に大阪市中央卸売市場の卸売業者(大阪魚市場株式会社)として創業して以来、消費地において水産物の「適正な価格形成」と「安定供給」を使命として、消費者の皆様に安全で安心な水産物をお届けする基幹的な流通機構としての役割を果たしてまいりました。

しかしながら、日本国内では人口減少や少子高齢化、食の安全安心の追求、消費者ニーズの多様化、さらに流通構造の変化など、水産物流通業界を取り巻く環境は大きく変化してまいりました。

このような環境変化に対応するため、当社(旧商号 大阪魚市場株式会社)は平成18年10月に「OUGホールディングス株式会社」へ商号を変更するとともに、会社分割により当社の中核事業である「水産物荷受事業」を新設の「大阪魚市場株式会社(現 株式会社うおいち)に継承し、純粋持株会社体制の下、組織再編を行い、強固なグループ経営を実践すべく大きく舵を切りました。

当社グループは、顧客起点に立ち、コア事業である「水産物荷受事業」および「市場外水産物卸売事業」、また、コア事業を支える「養殖事業」の事業基盤の強化を図るとともに、グループ内の加工機能、物流機能を最大限活用することにより、総合力を発揮し、グループ経営を推進してまいります。

また、当社グループは、生産者から消費者までの水産物流通のトータルシステムである「新しい水産物流通サービス業」を創造し、お客様に価値ある商品とサービスを提供することにより、食文化の発展に貢献することを通じ企業価値の最大化に努めてまいります。

今後とも皆様方の一層のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申しあげます。

↑このページの先頭へ戻る